タンパク質が多い

栄養素の中でも、体を作る働きがあると言われているのがタンパク質です。しかし、タンパク質にはいろいろな種類が存在していますし、その中でも良質なタンパク質がとても重要になります。スピルリナには良質なタンパク質がとても多く含まれているので、体によいことは間違いありません。タンパク質が多い食材の定番と言えば大豆でしょう。大豆には大豆イソフラボンという成分も含まれています。

女性ホルモンのバランスを整える効果があることでも知られており、サプリメントなどでもよく使用されている成分です。しかし、近年は安全な国産大豆の数はどんどん減っていき、危険な遺伝子組み換え大豆が流通するという忌々しき事態となっています。タンパク質であればどんな種類でもよいというわけではないので、より良質なタンパク質を効率的に摂取することが重要なのです。

それを実現したのがスピルリナだと言えるでしょう。現在ではまだそれほど多くのスピルリナを使用した商品が出回っているというわけではありませんが、今後はサプリメントなどにもどんどん利用される可能性があると思われます。実際スピルリナには、大豆の約2倍の良質なタンパク質が含まれているので、とても健康によいという理由がわかるでしょう