スピルリナの栄養価

スピルリナと言われても、何の事だかわからない人もいるでしょうが、簡単に言えば藍藻類の一種です。ラセンという意味があるのですが、実際のスピルリナもバネのようなねじれた姿をしているので、このように名づけられたと言われています。そんなスピルリナは、現在注目されている藍藻類なのですが、なぜならスーパーフードの王様などと言われており、かなり高い栄養価があります。現在の日本では、食生活が欧米化していることにより、肥満の人が増えています。

しかも女性が輝く社会などと言っておきながら、実際には共働きで忙しくなり、食事を抜いてしまう、外食やコンビニ弁当などが多くなるなどの影響が出ていて、栄養化がかなり偏っていると言えるのです。そのため、このような栄養価が高くてたくさんの成分が含まれているスピルリナが注目されているのは当然だと言えるでしょう。現在では宇宙食の開発も行われているのです。どのような食材であっても、1種類しか栄養素が含まれていないということはありません。

通常は複数の栄養素が含まれているのですが、スピルリナほど多くの栄養素が、しかもバランスよく含まれている食材というのは珍しいのです。ただ栄養価が高いだけの食材ならいくらでもあるのですが、バランスよく多くの栄養素が含まれているという種類は少ないので、今後はどんどん活用されていくでしょう。当サイトではスピルリナの栄養に関する点に触れているので、どのような藍藻類なのかを知ってもらえれば幸いです。